『なぜ日本で作らなければならないか?』縫製工場02

『なぜ日本で作らなければならないか?』縫製工場02

学生の頃ですが。。。
ハリウッドランチマーケットのサマーセーターを購入して感動した事があるんです。

その製品は、インド生産の木綿のセーターだったのですが、インドでインド人が手編みで作っているために目が不揃いで、着ていると、「自分で作ったの?」とよく聞かれました。私自身も、この下手さが気に入って買ったのです。
(今は、こんな事はないのですが、当時は、インド生産が開拓されたばかりで、このような事が生産の方法によってはよくあったようです。)

ひょっとしたら、これを企画した方も、それを狙って作ったのかもしれません?!だとしたら本当にすごい事なのですが。。。


(写真は、聖林公司ODMのむら染め残糸Tシャツ)

実は、後日、この会社と取引をするようになって聞いたのですが、本当に下手に(味わい深く)作ったらしいです。
すごすぎる!!

何が言いたいかと言うと、うまければ魅力的な商品か?という事なのです。
(だからと言って、単に下手だとたいへんな事です?!)

TRACKBACK/COMMENT

(0)

この記事へのコメント・トラックバックはありません。

コメントする

TrackBack URL