なんと!「幻の芋きんつば 下関で実演販売!?」

週末、下関におりました。



ふらりと、幼少の時から行った「かめや」というお好み焼き屋の焼きそばが食べたくなり、シーモールという下関駅前のファッションモールの地下食料品売り場に行きました。

そこで、ちょっと驚いたのが、満願堂の『芋きん』が実演販売されておりました。

「ラッキー!」「いや待てよ、この店は、本物かな〜?あの芋きんつばと同じかな〜?」と思いながら、その日は一個だけ買って、食べながら帰りました。

満願堂の「芋きんつば」は、幻の東京のお菓子です!

この店の「芋きんつば」は、東京の大丸の地下食料品売り場で行列が途絶えた事のないお店です。お土産に買おうにも、日持ちがしないのと、長い時間、並ばなければ買えないので、この日は奇跡的な出来事でした。

同じようなお土産で「舟和の芋ようかん」というのがあります。こちらは、羽田で店舗ができ、最近では簡単に購入できるようになりましたが、やはり賞味期限が1日だったはず。。。

しかし、下関大丸では行列どころか?誰も並んでおらず。。。
もったいないもったいない。

出直して、まとめ買いをし、ついでに写真のどら焼きも買いました。

「いったい情報って何なんだろう!?」

TRACKBACK/COMMENT

(0)

この記事へのコメント・トラックバックはありません。

コメントする

TrackBack URL