アトリウム公開!?

うちのオフィスのアトリウムです。と言っては、大げさですが。。。

今は、寒いのでこの8畳強ある部屋は廊下のように使っております。
古いモノを生かして使うタイプのボクとしては、かなり気に入ってます。

幼少の頃はいわゆる応接間でした。正直言って、ものすごいダサイ部屋でした。

時の経過もあり、時代に取り残された部屋です。そもそも、この家は70年代前半に建てられたので、この応接間だったり、シャンデリアがあったり、アーリーアメリカン調の妙に古くさいディティールが多かったのです。
(70年代に流行ったのでしょうね?!)

約築40年の寿命と日陰であったせいか、寒いこの部屋の床が抜けかかったのを、一昨年、同級生で住宅建築・不動産の会社をやっている友人に床のフローリング、壁紙を張り替えてもらい、天井の照明をイサムノグチ氏のあかりに変えていただきました。

そうしたら、和洋折衷のいい感じになりました。

かなりのローコストでやっていただいたのですが、来た方々から「あんた、金かけたね〜!」とお褒めの言葉をいただきます。
たぶん想像の5分の1くらいですんでます。友人にはこの場をかりてお礼を言います。
「いろいろ無理言いましたが、このように生かして使っております。ありがとうございます!」

できる事なら、この家自体をリノベーションして、外から見たら、普通の住宅で、
開けたらビックリ!そこはいかにもデザイン・オフィスにしたいのですが。。。
「その時は、またよろしくお願いします。」

TRACKBACK/COMMENT

(2)

  1. ぜひ その建築家を紹介してください。

  2. それボクのセンスと同級生の技術ですが。。。

    わかりました。

コメントする

TrackBack URL