「思えば15年ぶりの鹿児島!」

「思えば15年ぶりの鹿児島!」

前回は、堂園メディカルハウスのユニフォームのデザインのための出張でした。
堂園メディカルハウス院長の堂園晴彦先生とは、衝撃的な電話の1本からの出会いがありました。

「乳がんの女性のためのブラジャーを作ってくれませんか?」

この1本の電話が、モノ創りにおいての考え方に大きな影響を与えるモノになりました。

同時期に、当時、豊田の孫請け会社であった滝澤木型製作所の滝澤さんという
車の一分の一模型を作る職人さんと出会い、
意気投合して、人体に一番近いシリコーンという樹脂を使って、
MA-1を作るというEXHIBITIONへと発展しました。

それが

工場見学2「成型」〜自動車業界とファッション業界のメディアミックス
日時:1995年年9月4日(月)〜11日(月)開催
会場:SOMIDO HALL(銀座ソニービル8階)

でした!

結局、このプロジェクトは、滝澤哲夫さんが、身体の部分がなくなった方のために
その身体の一部を作るというエピテーゼという日本では極めて珍しい仕事に就いたのです。

今回は、時間の都合で、堂園先生にお会いできませんでしたが。。。
「先生は元気かな〜?!」



TRACKBACK/COMMENT

(0)

この記事へのコメント・トラックバックはありません。

コメントする

TrackBack URL