鴻池和彦監督作品短編映画「花音」前編



7月2日(土曜日)梅光女学院大学 303教室にて 
鴻池和彦監督作品短編映画「花音」の上映と講義がありました。

これは同大学の地域文化研究所長の倉本昭教授の講義の一環で、倉本教授と鴻池監督との対話形式で開催されました。

鴻池監督と初めてお会いしたのは、2008年の夏の関門海峡花火大会の日に知人を介してでした。

花火大会の日に知合って以来、鴻池監督は、大和郵便局長である、一方で、映画監督として、着実に内容の濃い作品を作られております。

私と同じ、東京からのリターン組としてシンパシーを感じており、地元に関してどのような思いがあるのか?非常に興味がありました。

TRACKBACK/COMMENT

(0)

この記事へのコメント・トラックバックはありません。

コメントする

TrackBack URL