鴛海織物さんとコラボ。。。01

鴛海織物さんとコラボでモノ創りをスタートさせました。

きっかけは、福岡の友人から声をかけていただきまして、
8月末日、リバレインにてHAKATA JAPAN の主催のEXHIBITIONに参加しました。

その中で、博多織の鴛海織物さんにオリジナル博多織の新柄をお願いして、期間限定ショップをやりました。

博多織は、これまで自分が関わった仕事の中でも最高峰に位置するくらい値段の高い素材でした。
これまで、自分の仕事を振り返ると、人が捨てるようなモノに着目してそれを再度デザインする事が多かったので、
新鮮でした。

どういう意味で新鮮であったのか?
説明しますと、価格が高いだけに5mmの切れ端さえも、何か他に使う事がないか?と考えてしまうくらい
「もったいない!」を真剣に考えました。(料理の素材でいうと、まるで、ホアグラ、キャビア、河豚の世界です。)

その延長線が髪留め、スカーフ留めのデザインです。

「伝統的な事に敬意を評するためにも価格を維持するという事も、エコだな〜と感心しました。」

実際に関わっていて、オーラを感じました。
独特のタテ密度、ヨコ密度によるコシのある風合い、染色技術、全体的な雰囲気なのか?

TRACKBACK/COMMENT

(0)

この記事へのコメント・トラックバックはありません。

コメントする

TrackBack URL