昨日、広島のお好み焼きを食べながら考えたのですが。。。  

昨日、お好み焼きを食べながら考えたのですが。。。

「¥500円くらいの広島のお好み焼きの様な服、¥300くらいのの下関のうどんの様な服、¥280くらいの博多ラーメンのような服を創っていくべきだ!」

これらは地域に密着したモノであります。大衆的なモノが存在するのは、ただ安いだけで存在する訳ではなく、もう少し心の奥深い物があるような気がするのです。              

地方にいる服飾デザイナーだからこそ、そういう定番のようなモノを作っていきたいです。


TRACKBACK/COMMENT

(0)

この記事へのコメント・トラックバックはありません。

コメントする

TrackBack URL