秘密基地!?

ここが本社です!
元はリフォームセンターはまい
つまり実家を本社としました。。。


全貌は近日公開!

しものせきカフェ情報!

友人のサックスプレイヤー(写真の腕の彼)より
下関の上田中にあるお洒落なカフェに連れて行ってもらいました!
この広さが心地いいですよ!



それから海の近くのここもいいです!


すごいですよね!
古いしものせきの下町にカフェ作ったり!海水浴場のど真ん中にカフェ作ったり!
ふるさと新しさの同居は心地いいです。。。

こういう方法でいいのだろうか?と悩みつつ。。。

山口県内の工場見学の目的は、
山口県内の竹を使って、アパレル製品を創ることです。

今現在、竹繊維の糸というのは、すでに市場で量産品として流通しております。しかし、今回、山口県の竹限定という事で試みております。



「しかし、本当にできるのか???」
理屈ではできてますし、現実的にも他県でやった実績もあるのですが、頓挫しましたようです。こちらも途中で失敗するかもしれませんが、理論上できるので、やってみます。

そもそも、開発というのは
発想する人は一万人
着手する人は100人
やり遂げる人は1人
という事を聞いた事があります。まずは、一人を目指します。

目指すは、空港やJRのお土産売り場にJeans&T-shirts!?
「大きく出たかな〜???」

例えば
こういう事をやるときって二つ方法がありまして

1)誰かに依頼するのでなく、自分の手で作る。
2)一人だけでなくチームで作る。

できる事なら農業的に1)がいいと思うんですが。。。
2)だと机に座ってパソコンを立ち上げて電話しながらでもできる事かもしれません。

今回は、イメージとして1)+2)ナンでしょうね!
糸を作るというのは一人では、まず難しい!

黙って静かにやるべき事をミクシーに掲載する事にしたのは、
1”)あまりに困難なのでどこまでできるのか客観性をみたかった!
2”)一人ではとても無理なのでネットの力を借りたいから!
3”)意見を聞きたいから!

以上三つの理由からです。

もうすぐホームページもできるので、続きはそちらで。。。

山口県内 工場見学!

まずは、山口県産業技術センターの前で、ここの研究員の方、山口県庁の方と待ち合わせて、目当ての工場に行く打ち合わせです。



以前、東京都産業技術研究センターと一緒にサバイバルベスト(対震災用)の共同開発をした事があるのですが、
今回は山口県内で山口県の地場産業とファッションが、コラボする事で、新たな繊維産業の技術開発ができないか?と研究中です。
また、これらが、プロジェクトチームに成り得るのか?

今回の工場見学の目的です。

早い話がですね〜〜!
自然にあふれた山口県内の植物を使ってアパレルブランドを創ろう!と意気込んでやってます。(本当にできるんかいな!?)

これまでも、
京都の繊維産地とある特殊な糸を創ったり、
高知の土佐和紙の技術を使って次世代の繊維製品を創ろうと、第二次世界大戦中に風船爆弾を作っていた工場に行ったり。。。いろいろやってきてお金をいっぱい使ってしまいました。。。
(たまに大ヒットもあったのですが。。。しかし、懲りていない?!)

手前のブルーのプリウスで三人で行ったのが象徴的でした!

これが第1位!

このお菓子が九州限定の1位でした。。。
『マルタイラーメン味のPRETZ』が2位で(こっちの方がパッケージが可愛いと思うんだけど。。。)
こちらの方がうまいのか?!



安くて手軽なのが!


『木村のあられ』味が安くて手頃でした!
私の1位は『マルタイラーメン味のPRETZ』でした。
そのうち下関限定で
『日高食品の焼きフグ味のPRETZ』とか?
『小川のうに味のPRETZ』とか出るのだろうか??