再び「医と衣」!?

長い期間入院したせいか?看護に興味をもっています。
だからといって、介護士や看護師なろうと言う訳ではないです。
以前、
世田谷区の外郭団体である世田谷文化振興財団/生活工房と一緒になって『医と衣』というテーマを立ち上げて
仕事をした事があります。
この頃、私も私を取り巻く周囲の人々も、元気でした。
だから、病院見学をしたり、関連施設に行っても、
あまり緊張感がなくこの仕事に取り組んでしまっていたかもしれません。
今、私も母も病気になってしまいました。
それで立ち止まって考えています。

さまざまな現代病が多い昨今、仕事だけやっていればいいという訳ではない事にやっと気がつきました!



それもあってか、人間の心のメカニズムに目覚めました。今はそれが趣味というくらい勉強中です!
それで、大分県立看護科学大学 影山隆之教授の講演に行きました。
以下が講演内容です。
「人生で本当に大切な価値あるものとは何でしょうか?考え方は人それぞれですが、ある人はこれを三つに分類しました。
一つ目は、何かを作ったり成し遂げたりすることです。。。

二つ目は、快楽や素敵な体験を味わう事です。

三つ目は、自分の運命をどう受け止めるか、という態度に関係あります。どういうことでしょうか?誰もが運命に縛られて生きているわけです。でもここで、その運命をどいう態度で受け入れて、死ぬまで生きようとするのか?その態度を選ぶだけの自由だけは誰にもあるというのです。そのような態度、人生観が、三つ目の価値であり、これこそがもっとも大切なことだというのです。

さらにこのような生き方をしている人の、ものごとの感じ方・ものの考え方には三つの特徴があるといいます。

第一には、すべてのことには何かしら意味がある、と感じることができます。

第二には、すべてのことはでたらめに起るのではない、 世界は大きな力に支配された秩序の中にあるという感覚かもしれません。

第三には、人生に起こるできごとは対処可能だと感じて、自分を落ち着かせることができます。」



もちろん講演内容は、もっと長かったのですが、

私が感じたのは、
私を含めて現代人はこの三番目の謙虚さがないのではないか?と感じました。つまり、たとえ平凡に見える日課であっても、大きな秩序の中に生かされているという平安を感じ、意味ある毎日を積み重ねるほうが、よほど良い人生なのでは?と思います。

秘密基地!

秘密基地発見!

最近、親しくさせていただいてる還暦をむかえる知人から、
『うちの山荘で和太鼓やるんだけど、来ないか?』
『かき氷や、スイカ割りやバーベキューもあるから楽しいよ!』
と誘ってもらい、なんのことやら???と想像もつかずに行ってみたら、

福岡市の脇山というところに山を購入し、秘密基地のような場所を作っいた!そこの彼のアトリエやら、和太鼓のステージ、山荘、檜風呂などがあった!

こういう事って憧れてしまいますね。
しかも
なんとそこで、福岡中の和太鼓のグループを集めて入場料1500円
の夏祭りをやっていた!

びっくりしたなあ〜〜〜〜!
今日はいいモノを見せていただいた!!


普段、温厚で穏やかな人だけど、隠れた一面を見せていただいた!
オレも明日からがんばろう!?という気持ちになれた。。。

和太鼓って格好いいですね!
ここのライブを見るまで、打楽器でどうやって間をもたせるのか?と不思議でした。。。ましてや、「鼓動」「林英哲」などの音楽はまるで興味がなかったのですが、考え方を改めないとと思

なぜ?ジーンズ産地が山口県にあるのか!

昨日から、山口県内の出張です。
まずは県内のワーク縫製工場に来ております。


山口県はあまり知られていないジーンズ、ワーク縫製産地です。
正確にいうと岡山、広島の下請け産地という事です。この事は私がこちらに戻って来るまで知りませんでした!
以前、エドウィンの秋田工場を某雑誌の取材として見学した事があるのですが、東の最大メーカーのエドィンが、東北を拠点とした工場背景で、西の三大メーカーのボブソン、ビッグジョン、ブルーウエイは山口県を拠点として縫製工場があります。
私の生まれた下関の川棚温泉にボブソンの縫製工場があります。
ついでに話すと、浜井ファクトリー時代の縫製工場は、倉敷児島に一カ所、香川県さぬき市寒川町に一カ所などだったのです。
当時、なざ?縫製工場が香川県に存在するのか?不思議だったのです。しかし、出張に行ってわかったのですが、ジーンズで有名な倉敷児島から瀬戸大橋を渡った対岸近くにある街だったのです。出張に行って初めてしりました。

やはり、その土地まで行くとおもしろいですね。なぜ、そこに工場があるのか?がよくわかり意外な発見があります。

山口県になぜ多くジーンズの縫製工場があるか?というと、元々、中国地方はワーク、学生服の縫製工場が多くあったのですが、岡山県や広島県では地価や賃金が高く割りにあわなくなって山口県に移動させたようです。
それでは、なぜワーク、作業服、学生服の縫製工場が多くあるかというと、倉敷紡績の紡績工場の工場が岡山県にあったからだと推測します。

アメリカの場合は、文化的な背景がありジーンズが生まれて存在して、工場が発達していくのですが、日本の場合、文化の背景としてモノが存在するのではなく、工場を存続させるために欧米からのモノを持って来て文化にしたことが多々ある気がします。
それは洋服の文化が欧米にあることの再確認であるといえます。

ついでに

「宇部かま」って知ってますか?
山口県宇部市にあるかまぼこメーカーです。
ここに「かまぼこ歴史館」というのがあります。
たまたま、山口県産業技術センターに行ったときにたまたま、かまぼこ歴史観の前を通り気になったので入ってみたら、「宇部かま:のかまぼこ工場の一部でした。

商品開発、会社としての方向性がおもしろいのでかここの竹輪を買って帰りました。
山口県から離れていた時期があったので、今は山口県を知りたいです!
ちなみに
「おいしかったです!」見た事もない新商品のかまぼこ、竹輪もありましたよ!!


野和太鼓!

野和太鼓に行ってきました。
福岡にある和太鼓のチームなのですが、福岡での友人がこのチームに入っていて、先日、この友人の夏祭りに行って以来はまってます!
野芥小まつりの中で30分くらい登場するのを見に行きました。
夏祭りの雰囲気といい!子供たちの和太鼓といい夏らしいいい雰囲気でした。
この日は、大濠公園の花火大会やあっちこっちで夏祭りあったようです!



それにしても、浴衣姿っていいですね!
http://nowadaiko.com/