元祖ラーメン登場!

元祖ラーメン登場!

“元祖ラーメン長浜家”に行きました。
夜に車の運転をしていて、忙しいと何を食べようか?と考えて看板を見るつい入ってしまいます。

(正直にいうと、向かいの“元祖ラーメン長浜屋”が閉まっていたので、たまたま向かいに同じような名前があったので入りました。)

ここのラーメンは、シンプルな出汁のあっさり豚骨で、毎日でも、何杯でも食べられそうな手軽さがいいです。
価格も400円というおやつのようなラーメンで、懲りにこったラーメンが多い昨今、さっぱり味で、これぞ長浜ラーメン!というくらい懐かしい昭和な感じです。


秀ちゃんラーメン、西谷家とは対極なラーメンです!

長浜家って、向かいの長浜屋をやめた従業員が作ったラーメン屋で、袂を分かつ形になって最近オープンしたとのことです。味は長浜屋がベースになっているとの事。
ラーメン対決なんて漫画の世界のようで、すごいですね!!

店を入ったとたん
「はんなま一丁」「バリかた!」と聞こえてきます。
(ラーメンの麺の茹で加減です。私はいつも普通を注文します。)

「これってラーメン?」話題の秀ちゃんラーメン発見!

「これってラーメン?」話題の秀ちゃんラーメン発見!



秀ちゃんラーメンに驚きました。
もはやこれはラーメンではない!
「うますぎる。感動の味でした!」
すごくダシのきいたスープにたまたま麺の入った食べ物というシチュー感覚でした。

今週は、忙しかったので、外食が多くラーメンを食べました。
私の中で順位が大きく変動しました。


一位 ふくちゃんラーメン
(マスターが怖そうなので撮影は遠慮した?!)

ちょうどよいコッテリ。スープの熱さといい、麺の細さといい、トッピングといいどれをとっても絶妙なバランス。普通は替え玉を注文するのだと思うけど、ご飯にもちょうどいい味!


二位 八ちゃんラーメン

ほとんど、ふくちゃんラーメンと同じような絶妙なバランス!!しかし、最後に残る醤油味に疑問あり。


三位秀ちゃんラーメン

超個性派ラーメン。細麺、コッテリ味、煮タマゴが絶妙!個性は西谷家と互角!秀ちゃんラーメンが出す普通のラーメンを食べてみたい!


がっかりしたのが、「大砲ラーメン」


この系統なら、一風堂の方が上かな?
タマゴ、トッピング、などディティールにもがっかりする点が多かった!

博多っこと江戸っ子を比較すると
食文化でも似てる点が多い。
鍋、天ぷら、ラーメン、蕎麦など、伝統和文化の食が好き。
しかし、そのジャンルごとに進化してないと駄目。












がっかりしたのが、「大砲ラーメン」

この系統なら、一風堂の方が上かな?
タマゴ、トッピング、などディティールにもがっかりする点が多かった!

「AVATAR」

昨日、「アバター」を見に行きました。


イタリア映画好きの私としては、心の中で「3Dってこんな程度か?」と期待を裏切られる事を期待していました。
とこらが、映画の構成、ストーリー、映画としてどうか?はともかくとして、理屈抜きにすごい映像で、見た事もないモノを見た!という感動でした。

登場人物の中の一員として物事の展開を見るような感動は、錯覚なのか?
音までも映画から聞こえてくるのではなく、すぐソコに何かが迫って来るようでした。

この感動は、20年以上前に見た「ブレードランナー」に似てたかもしれません。

テクノロジーってすごいと感動した一日でした。



No.4-01靴下工場見学2(藤本コーポレーション/八幡東区)

No.4-01靴下工場見学2(藤本コーポレーション/八幡東区)

藤本コーポレーションのすぐ近所で見た家なのですが、普通の個人宅にトンネル発見!?



これは、ここの家が建つ前にここに線路があり電車が通っていたそうです。
かつて(この汽車というべきか?)電車は北九州工場地帯の輸送のため使われていたものなのか?
こういう跡って工場の痕跡です。

いいモノを見させていただきました!

No.4-00靴下工場見学2(藤本コーポレーション/八幡東区)

靴下工場見学2(藤本コーポレーション/八幡東区)
 
一昨日、2月18日(木曜日)北九州市八幡東区にあります藤本コーポレーションに行きました。



藤本コーポレーションは、 なんと!1906年に創業したという!明治、大正、昭和を駆け抜け100年を迎えたという繊維業界一本できたという老舗靴下、手袋メーカーです。



先日のイイダ靴下さんからの紹介で、ここまでたどり着きました。
靴下というと奈良産地(靴下、ストッキング、タイツの国内生産地)があるのですが、まさか北九州に存在するとは考えてもみなかったです。

「もともとは新日本製鉄のための軍手を作っていたのですが、アパレル雑貨にシフトを変えていった製造メーカー」とのことです。

これに納得しました。
現在、弊社のうるとらはまいデザイン事務所のアパレル小物部門で、以前作っていたオリジナル靴下をぜひ復活させたいと工場を探しておりました。

「奈良にしかないと思い込んでいたものが、まさか隣の街(北九州市は海をまたいで私の住む下関市の隣です!)にあるとは!?」

現在では、自社の自主企画ができる靴下、手袋、インナー製品メーカーとして、地元の量販、アパレルメーカー、通販会社などに商品を作っているとのことです。

さらに驚いたのが、web上で顧客に対してオリジナルソックスを作っているのです!