スポーツ吹矢を体験したい方!!

スポーツ吹矢を体験したい方!!


誰でもどこでも気軽にできるスポーツ吹矢でこんなイベントがあります。
場所は、博多駅近くです。

運動神経というよりは、メンタルが鍛えられるスポーツで、集中力アップにつながります。

ヒヤカシでもいいので、気軽に体験してください!

「日記をつけるように?!」

野球で言うと、試合前のキャッチボール感覚ですが、
日記をつける様に、パターンから、縫製まで、自分の作品を作っております。


量産を長年やっていると、忙しさに。。。
パターン外注、サンプルはサンプル屋さんへ、上がったサンプルをフィッティングして、縫製は工場へと細分化され、気がつけばコーディネイターのような自分に気がつく!?




これでは駄目だと、自分の仕事を見直しております。一貫してやってみると、自分の抜け落ちたところに気がつきます。

「見に来れば、よかたい!?」

7月21日(水曜日)
和太鼓をやっている友人から、
「博多湾で海外クルーズ船のためのイベントがあるから見に来れば、よかたい!」
と誘われ。。。
見に行きました。

22時に博多湾で、船がでっかいのにも驚いたが、過去と未来の共存した不思議な光景でした!


201007222153

0番

昨日は、山口市出張でした。

ジーンズのサンプルを2本お願いしていたものが上がったという事を聞いて、送っていただくより、いろいろ確認したい事もあり、直接取りに行きました。

山口市宮野町にあるブルーウエイは、単なる飾りステッチではない0番手が縫製できる工場です。

「0番ステッチというのは、元々ゴルフのクラブを入れるバッグのステッチなどのように衣料用途でないミシンだったものをジーンズ用に改良したもので、最初にジーンズに使用したのはリーバイス・ヨーロッパが出したリーバイス501のスポットものに縫製した。」と、「それを単に飾りスッテッチというだけでなく改良に改良を重ねて匠山泊ジーンズなどに取り入れた」などなど。
取締役生産部長の岡部氏よりお話をおうかがいする事ができました。

(写真は、匠山泊ジーンズ)
ぜんぜん違う事を考えて、今回たまたまデニムに0番を使用したのですが。。。とにかく、この0番ステッチの事を岡部氏にお聞きしたかったのです?!

(今回の0番ステッチの弊社サンプル)

「博多チャンポン 黒田屋」

福岡市中央区にある「博多ちゃんぽん 黒田屋」。
ここの皿うどんは、私が、今年食べたもののベストワンです!


ここの皿うどんを普通の皿うどんと思ったら大間違いです。

麺にまで出汁がしみ込んでいて、猛烈に!ご飯が食べたくなる皿うどんです。
作り方の推測ですが、たぶん出汁で麺をある程度蒸したようにいためた後にあらためて焼いたのだと思います。

連れて行っていただいた友人と店に入る前は、さほど期待もしていなかったのです。それは、私の中で、皿うどんがさほど美味いものとは考えてもなかったのですが。。。「これは美味かったな!」それから「不思議な感覚!」でした。

福岡に来て、麺類を食べていつも思うのが、「ご飯が食べたくなるなぁ〜」という感覚です。その後に「既成概念にこだわってはだめだなぁ〜」と感心してしまいます。

近々にまた行きたいです。できれば今日でも!