「くすのきカントリーマラソン完走!?」

「くすのきカントリーマラソン完走!?」

3月11日に震災があり、てっきり、3月13日(日曜日)のくすのきカントリーマラソンは、
自粛にて大会中止と思っておりました。
確認のために前の日に事務局に電話しました。

そうしたら。「やります!」という力強い電話の声でした。

大会開催前に
東日本大震災の被害者の方に対して
1分間の黙祷からはじまりました。

それから、宇部市市長 久保田きみ子さんから、大会の挨拶がありまして
この挨拶で深く感動しました。
(私は、この女性市長の方の事をこの挨拶まで、まったく知らなかったのですが。。。)

内容を私なりの解釈で書きます。
「今日本中で、たいへんな事が起きております。宇部市も、試練がありました。市のシンボルともいうべき白鳥を鳥インフルエンザの感染にあたり、400羽殺処分という事態を経験しました。今こそ日本がこれらの試練を力を合わせて乗り越えるべきでは?などなど」といった内容でした。

「このご時世にのんきにマラソンなんかやってる場合じゃあない」という考え方もあるだろう。

「そのとおりだ」と思う。

しかしその反面、私の考えは、間違っているのかもしれませんが、私はこの大会が開催されて良かった様に思います。私には、ここ5年間、多くの試練がありました。(もちろん、個人的な事を今回の天災を一緒にしては駄目だと思うが。。。)

今回のさまざまな思いを走って完走して一つの区切りとしたい!そういう思いだっただけに振り返っても、私にとっては開催して欲しかったし、絶対にリタイアしたくなかった!



「10日間の沈黙のあと。。。」

「10日間の沈黙のあと。。。」

震災が起きて、
「日本が抱えていた閉塞感が形になって現れて来てしまったようだ〜!乗り越えなければならない試練に思う。」

震災報道の映像を見て、深い悲しみと、無力感でいっぱいになりました。今の私が、日本のために何ができるか?とも考えましたが、まずは、無力感しかありませんでした。

しかし、時間が少しだけ経過し、あらためて考えてみると、

「今の自分が日本のために何ができるか?今こそ、力を合わせて皆が一致団結するべきだ。
そして、自分の夢と照合し照らし、立ち止まらずに、行動する。」

「口内炎!?」

「口内炎!?」

震災を前後して、
3月9日から16日まで激しい口内炎ができました。

最近のパターンなのですが、仕事の量が多くなり、睡眠時間を削り、出張が多くなると、激しい口内炎ができてしまいます。これが、単なる口内炎でなく、何もできなくなるくらいの痛さなのです。

内科で相談すると、ストレスによるものとの推測で原因不明との事でした。

ところが、薬局に相談したところ、
「これは、免疫が低下しているんです。かなり深刻に考えた方がいいですよ。まずは免疫をあげましょう!」
勧められたのは、薬ではなく、林原生物化学研究所のルミンAでした。

しかし、一旦、大きな口内炎ができてしまうと、もう駄目ですが。。。

「自粛!?」

「自粛!?」

うちの取引先に別の仕事をしながら、こちらの仕事をしていただいている方が、いらっしゃるのですが。。。本来の仕事の方が、今回の地震によって、滞ってしまったとの事でした。

それで、こちらの仕事を手伝っていただいております。

こういう事を考えると、東日本がたいへんな時であるが、
西日本では自粛せずに仕事を再開した方がいいのではないか?と思います。

一時的な自粛はともかくとして、
国全体がある程度の期間に自粛にいたってしまうと、日本自体の経済も危機にいたるように思います。


「東日本大震災 第一報!in 福岡」

「東日本大震災 第一報!in 福岡」

地震を知ったのは、11日の16時ごろ東京の親しい友人からの一報でした。

忙しく仕事をしている夕方のこの時間に、この友人から電話はへんだな〜?と携帯電話に出ました。
「さっきすごい地震があって、たいへんな事になった!」
「どこに電話してもつながらないから、九州なら通じるかな〜と思って浜ちゃんのところに電話した〜!」

たいへん申し訳ない事に。。。
実は、その電話でも、事態がこれほどたいへんな事になっているとは考えもしなかったのです。結局、事態の大変さを知ったのは、その日の深夜のテレビでした。