ケノンの脱毛器と美顔器の違いは?スキンケアにも使用できるのか徹底調査!

自宅で手軽に脱毛できると話題の脱毛器”ケノン”には脱毛以外にもには美顔器としての効果も期待でるんです!ここではケノンの美顔器としての効果やスキンケアの注意点をご紹介します。

ケノンの美顔器と脱毛器はどこに違いがあるの?

ケノンには脱毛器としてだけでなく、美顔器としての効果もあります。脱毛器のカートリッジから美顔器のカートリッジに付け替えることで美顔器として使用することができます。

脱毛器と美顔器にどのような特性があるのでしょうか。

脱毛器としての特性

まず脱毛器としての性能はどうでしょうか。美顔器が付属していて効果が下がることはあるのでしょうか。

  • 照射レベルが高く、10段階に選べる
  • 従来品の約3倍の高出力で業界最大レベル
  • 照射部分の面積が広く、広範囲に脱毛効果が期待できる
  • 照射を10分割することで肌へのダメージを減らす

特に照射範囲は横3.5㎝×縦2㎝の7㎠の大きさで、肘下なら片腕たった5.5秒で終わります!

照射回数や出力が高いので、男性の濃い髭や毛の濃い箇所にも効果が期待できます。

美顔器としての特性

ケノンの美顔器はフォトフェイシャル専用のカートリッジに変更して使用します。

  • メラニンにダメージを与えてコラーゲンの生成を活性化させる
  • 美顔美肌スキンケア「光エステ」
  • ジェルなど使用する必要がないので手軽に使える
  • ほぼ全身に使用できる(目元・口元など色素の薄い箇所は避ける)

フラッシュ光を使用した美顔器で、コラーゲンを活性化させることで肌にハリを与えてくれます。

[voice icon=”https://catchmove.net/wp-content/uploads/2020/03/o612_1.png” name=”みどり” type=”r icon_yellow “]脱毛の機能もしっかり期待できるのに、同じ機械で美顔器の効果も得られるなんてうれしいです!手軽に使えるのでつい使い過ぎちゃいそうですね。[/voice]

ケノンの美顔器でスキンケアはできる?

ケノンの美顔器は普段のスキンケアに取り入れることはできます。手軽に使用できますが、いくつか注意点もありますのでご紹介します。

使い方

脱毛器から美顔器のカートリッジに付け替えます。

  1. 洗顔する。メイクや日焼け止めはしっかり落としましょう。
  2. 光照射する。全身使できますが、色素の薄い箇所やほくろなどは避けます。
  3. 普段のスキンケアをする

特定のジェルなどを使用する必要がないので手軽に使えます!

使用する前後は肌をしっかり冷やす

脱毛器同様、使用前後は肌をしっかり冷やしましょう。光により刺激を緩和してくれます。

使用するタイミングは2週間に1度程度

使用するタイミングは2週間に1度程度がおすすめです。

美顔器には有害な紫外線等は含まれておらず、美容に効果的な光です。しかし少なからず肌に刺激は与えてしまいます。過度に使用することで肌にトラブルを生じさせる可能性がありますので、使用は2週間に1度程度がおすすめです。

脱毛した直後は使わない

脱毛器に付属した美顔器なので一緒に使用したいと考える方もいるでしょう。

しかし脱毛でダメージを受けている肌に美顔器を使用することは、おすすめできません。ダメージを受けている部分があれば肌荒れやかぶれなどの恐れがあり、美顔器の効果を十分実感することができません。

脱毛器を使用した日は美顔器は使用しない方がいいでしょう。

ケノンの脱毛器と美顔器の違いは?スキンケアにも使用できるのか徹底調査のまとめ

ケノンの脱毛器と美顔器の違いは?スキンケアにも使用できるのか徹底調査についてご紹介しました。

  • 脱毛器と美顔器どちらも効果が高い
  • 美顔器を使用する際は美顔器のカートリッジに付け替えるだけで手軽に使用できる
  • 美顔器も顔だけでなく体全身に使用できる
  • 脱毛器と美顔器は別日に使用することがおすすめ
  • 使用頻度は2週間に1度程度がおすすめ

脱毛器のカートリッジを付け替えるだけで自宅で美顔器が使用できるのはうれしいですね。肌のターンオーバーを促す光を使用する美顔器は毎日使うと、肌に刺激を与える恐れがあります。そうなれば美顔器の効果はあまり期待できません。最大限に効果が得られるよう注意点を守って使用しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です